お金 ワーキングホリデー 備忘録

ゆうちょの外貨宅配サービスを使ってみた話

初海外。ワーキングホリデー!さすがに手持ちの現金 ゼロ で行くのも怖いのでゆうちょで外貨両替をしてみました!

ゆうちょの外貨宅配の公式ページはこちら

郵便局で外貨両替しようとしたら外貨宅配サービスを勧められた

区で一番大きな郵便局で外貨両替を試みましたが、郵便局内に置いてある外貨が少ないことから外貨宅配サービスの利用を勧められました。郵便局内での両替についてはサービス縮小の方向で動いているようです。

ネット上で申し込み可能

両替というと現金化するため直接の受け取りが一般的だと思いますが、ゆうちょの外貨宅配サービスでは登録口座から料金が引き落とされ登録住所に外貨が配達されますので申し込みから受け取りまですべて家の中で済ませることができます。銀行に行く時間がない人でも利用できるところは良いですね。

ゆうちょの外貨宅配に必要なもの、準備

  • ゆうちょ銀行の総合口座およびキャッシュカード
  • 外貨両替するための預金
  • ゆうちょの外貨宅配用のアカウントを作成(登録はこちら)

申し込みから外貨受け取りまで3日かかった

実際に申し込みしたところ、以下のような経路で一般書留にて外貨を受け取りました。

外貨は東京からの発送になっていたので、福岡に居住していた私は受け取りまでに3日間かかっています。東京からの居住地の距離で到着日時は変わるかと思います。即日受け取れないところは少しデメリットだと思います。

外貨(カナダドル)はこのように届く

一般書留で$200が一つのパックとなって届きます。1パックあたり$20が9枚と$5が4枚です。私は5パック頼みました。合計$1000分ですね。

為替レートが高すぎる

今回$1000分を両替してかかった料金が95450円。ゆうちょの為替レートは95.45円ですが、この時期の外国為替のレートは84円台で約10円ほど手数料として上乗せされていました。両替手数料の比較はこちらを参考にしてください。

紹介しておいてなんですが、私はこの手数料は非常に高いと思います。カナダのトロントでセディナカードを使ったことがある人の情報を前もって知っていれば、ゆうちょでの外貨両替は行わなかったかもしれません…。

まとめ

メリット

  • 郵便局に行かなくても外貨両替ができるので、郵便局に行く時間がない、行くのが面倒、手間と感じる人にオススメ

デメリット

  • 即日受け取れない
  • 為替のレートが高い

以上、ゆうちょ外貨宅配サービスを使ってみてのまとめでした。メリットデメリットありますが、郵便局に行けないなど事情がある人には活用できるサービスかと思います。

コメント