お金 トロント ワーキングホリデー 備忘録

【ワーホリ】自分でできるタックスリターンinカナダ【やってみた】

ワーキングホリデーを利用してカナダで働いた方はタックスリターンをしましょう!タックスリターンをすると給与から天引きされた税金が返ってきます

自分でタックスリターンをするメリットは?

タックスリターン代行サービスを使うと、自分でタックスリターンをしなくても済みますが、その分手数料がかかります。自分でタックスリターンすることでその手数料を節約することができます。カナダのタックスリターンはネット上で出来、簡単なので、自分でやってみましょう!

実際、いくらぐらい返ってくるの?

私は7月~12月の半年間で10753.65カナダドルの収入(チップを含まない)があり、引かれていたタックスのうち、1447.58カナダドルが返ってきました。思っていたより高額でした。

自分でタックスリターンができる条件

自分でタックスリターンをするために、以下のような条件が必要と考えられます。

  • 勤務先からT4ステートメントを受け取っていること(一年間の自分の収入が記載されている資料)。
  • パソコンを持っていて、インターネット環境がある(スマートフォンによる検証は行っていないためパソコン必須とします)。
  • タックスリターン申請日から以降2か月間はカナダに滞在しており、引っ越しの予定もないか(私は1か月間で完了しましたが、CRAの推奨期間は2か月間です。住所変更がある場合、通常よりも時間がかかる可能性があるため引っ越しはしないことをお勧めします。)。
  • 申請する期間が前年分であること。1年間の滞在しかできないワーキングホリデーでは、今年分は自分で申請し、返金を受け取ることが困難になります。※振り込みによる返金も開始されたようなので、本人確認など、英語での電話対応が可能な方は帰国後も返金を受け取れる可能性があります。最新の情報は直接問い合わせするかCRAのサイトで確認することをお勧めします。

タックス申請のおおまかな流れ

タックスリターンの申請は1月から可能ですので受け取りを考えると3月までは滞在するようなスケジュールであることが望ましいです。ワーキングホリデービザは最長1年間の滞在が可能ですので、4月から翌年3月までの期間滞在すれば、最も面倒無くタックスリターンを受け取ることが可能です。この場合、1月から3月の間に働いたタックスリターンについては、翌年の申請となります。観光ビザで滞在延長が可能な方は1~3月頃の入国もお勧めです。

Simple Taxを使用したタックスリターン方法をご紹介!

タックスリターンのためのツールやサイトが複数あります。今回私はSimple Taxを利用してタックスリターンを行いましたので、その流れについて書きたいと思います。

Simple Taxにてアカウント登録をする

SimpleTax: Free Canadian Tax Return Software
Accurate, easy, secure. Free online tax software you'll actually enjoy using. File your 2019 tax return with confidence it's done right.

Simple Taxにアクセスしてアカウント登録をします。私と同じようにワーキングホリデーで滞在した方は以下の例とほぼ同様の内容を入力すればよいかと思います。

赤枠をクリックして進みましょう。

Social Insurance NumberとはSINナンバーのことです。名前、生年月日、言語について、赤枠を記入しましょう。

私はスカボローに住んでいたのですが、オーナーのミスでT4ステートメントの住所がオンタリオになっていました。そのため申請はオンタリオで入力しました。入力内容に迷った際はT4ステートメントに沿って入力することをお勧めします。

CRAとは、Canada Revenue Agencyのことです。リックスリターンをするためにCRAのアカウント登録が必要です。simple taxではsimple tax内でCRAの登録申請も行うことができます。

登録した内容でログインしましょう。登録したメールアドレスを入力

パスワードの入力。

誰のタックスリターンか、名前を記入します。First nameだけでok。

タックスリターン対象の金額を入力

タックスリターン申請をするものを選択して入力していきます。私は収入に関しての申請だけですのでEmployment Income – T4を選択します。

仕事先から受け取った 自分のT4ステートメント情報を入力します。各記入欄の左側の番号は、T4ステートメントに記載されている番号と一致しています。番号を目印に各値を入力しましょう。

参考に私のT4ステートメントを掲載します。

入力し終えたら、Summaryが表示されます。下部へスクロールし

赤枠をクリック。

内容の確認が表示されます。間違いなければsubmitをクリック。


確認番号が表示されます。continueをクリック。

これでSimple Tax内での申請は以上です。次にCRAにログインします。

※ここで見落としていたのですが、direct depositによる返金の登録ができたようです。私はこの部分を見落としていたので、紙のチェックによる返金となりました。お急ぎの方や郵便物の受け取りが難しい方はこの振り込みによる方法も試してみてください。

CRAにログインする

CRAのログインページよりログインをしてください。ログイン方法は2種類選べるのですが、上のログイン方法をお勧めします。IDとpasswordによるログインは記入項目がかなり多いため時間がかかります。

自分が所有する銀行をクリックします。各銀行のオンラインバンキングよりログイン認証することで、CRAのログイン設定ができます。

SINナンバーを入力して進みます。

登録住所の郵便番号、自身の生年月日、Emploryment Incomeの金額を入力して次へ。金額はsimple taxのsummaryでも確認できます。

郵便でセキュリティコードが送付されますのでそのお知らせです。確認してつぎへ。

郵便番号があっているかの確認です。赤枠を選択してつぎへ。

規約を確認して赤枠をクリック

これでCRAの初回ログインが完了です。これを合図にCRAよりセキュリティコードが郵送されてきます。私は10日で受け取ることができました

ちなみに銀行振り込みの設定については以下からできます。(私はセキュリティコード入力時に口座情報を登録したのですが、それだと間に合わなかったようなので、それよりも早く情報を登録しなければならないようです。)よかったら参考にしてください。

マイアカウントのホームで下部にスクロールするとdirect depositの登録画面が出てきますので、赤枠をクリックして登録画面へ

下部へスクロール

振込先の銀行情報について入力

参考: 【TD BANK】トランジット番号と口座番号の調べ方

口座の設定が完了するとこのように登録した内容が表示されるようになります。私は今回振り込みによるタックスリターンは行っていませんが、登録方法は良ければ参考にしてください。

セキュリティコードをCRAにて入力する

このような封書が送られてきます。中段にあるセキュリティコードをCRAのサイトで入力します。

CRAのサイトの2回目のログインからセキュリティコードの入力画面が出るようになります。セキュリティコードを入力するとリターン金の小切手が郵送で送られてきます。そのため以降の手順の実行は任意です。

郵送で届いたセキュリティコードを入力してつぎへ。

マイアカウントのホームが表示されます。審査結果などをみることができます。

表示される内容は小切手と合わせて書類として郵送されてきます(内容も全く同じです)。

CRAよりチェック(小切手)が送られてくる

セキュリティコードを入力して10日ほどでリターン金の小切手が郵送されてきました。

明細も同封されています。

チェックはこのようになっていますので下側を切り離して口座に入金しましょう。ATMだとうまく読み込んでもらえなかったので、私は窓口で入金をしてもらいました。

自分でもタックスリターンはできる!

代行業者を利用しなくても、タックスリターンはできます!ワーキングホリデーの総まとめとして、自分でタックスリターンをしてみてはいかがでしょうか?

コメント